BLOG ブログ

ICTについて

新しい測量サービス
「ICT」とは?

技術革新が急速に進む現代。当社が携わる測量サービスも、時代の流れとともに革新的な進化を遂げております。その中でも、特に「ICT」を積極的に活用。ICTとは、情報通信技術のことです。GNNS(全地球航法衛星システム)を駆使した測量や、ドローンを使った空中写真測量など、測量はICTによって生まれ変わります。

ドローンによる空中写真

ドローンは「Unmanned Aerial Vehicle=UAV」の略称であり、無人航空機の総称です。このドローンには、GPS/IMU(空中直接定位システム)が搭載されているため、正確な位置情報によって飛行を制御しながら、空中写真を撮ることができます。小回りがきくだけでなく、何よりも安全性に優れているのが魅力です。

当社では、事前にGoogleEarth上で飛行計画を作成したうえで、空撮を実施しております。シミュレーションを万全に行ってから撮影しますので、ご安心ください。

空中写真(測量)のメリット

空中撮影の魅力は、単に「高い場所から写真を撮れる」ということだけではありません。人が立ち入ることのできない場所や危険地域でも、客観的に確認し、空撮を行うことができます。「地すべりを起こしていたら…」「大雨や地震で斜面が崩壊していたら…」といった場所を、スピーディーに見つけ、工事を着手することができるのです。

また、3次元データをいち早く作成できるのも魅力の一つ。ドローンで撮影した写真データから、地形の位置座標(X、Y、Z)を出力し、それをもとに地形の3Dモデルを作成します。GNSS測量(衛星測位システム)を組み合わせれば、より精度に優れた公共座標を持たせることも可能です。

ドローンは、地形図といった専門性の高い分野だけでなく、観光や日々の暮らしにも役立てることができます。

空中写真によるモデリング
(地形形状)

こちらは地形形状をモデリングした写真です。空中撮影した写真を3Dデータ化することで、地形をさまざまな角度から出力できるようになります。

空中写真によるモデリング
(各種3Dモデル)

こちらは地形形状を3Dモデル化した写真です。3D写真以外に、ワイヤーフレームモデルやサーフェスモデルといった3Dデータにすることができます。

空中写真によるモデリング
(断面図の作成)

こちらは地形形状の断面図をデータ化した写真です。3Dデータ化をすることで、三角網(TIN)や等高線から、希望する場所の断面図を可視化できます。

i-Construction

「プロセスアイ・コンストラクション(i-Construction)」とは、測量を起点とする建設プロセスのことです。建設現場の生産向上を図るため、国土交通省によって、2016年から導入されました。

そのプロセスの中でも当社では、空中写真測量の「点群生成」による3Dデータの作成を実施しています。ドローンやレーザースキャナーを駆使しながら、広範囲で高精度なデータ作成を実現。データ作成後の度量計算やICT検査(出来形・検査、ヒートマップ作成)も、一貫して手掛けております。

JR軌道内3D測量

当社では断面計測を行う計測機器「GRP5000System」を使い、JR軌道内の3D測量も実施しております。GRP5000Systemとは、軌道上を移動しながら断面計測を行う計測機器のことです。スキャナーや内蔵されたセンサーで、軌道周辺を素早く、正確に計測できます。

レーザーによる計測のため、深夜の軌道内や工事後に行う建築限界内の支障物検査など、視野が不明瞭な場所でも検査が可能です。いうなれば、光学式の「電子オイラン車」でしょうか。周囲の寸法や断面の計測はもちろん、「カント(外側部分と内側部分との高さの差)」「ゲージ幅」「キロ程」とった情報も取得できます。

バイパスIC

こちらはとあるバイパスICを測量したときの様子です。測量から施工まで、建設に関するご依頼は当社にお任せください。

河川・築堤

土量計算